ホームへ

PSNowが強制終了される放置時間は?

PSNowは放置していると強制的にゲーム終了となります。もちろんセーブはされません。

PSNowでどれだけの時間放置していると強制終了するのか、検証結果を発表します。

【結論】10~12分で強制終了

ストップウォッチで計ったところ10~12分で強制終了となりました。

何度か計りましたが「10分ピッタリ」ではなく多少前後するようです。

強制終了すると「操作しない状態がしばらく続いたため、ゲームを自動的に終了し、他のプレーヤーのためにサーバーのスペースが解放されました。準備ができたら、もう一度ゲームを始めてください。」と表示されます。

10分以上放置しそうなら必ずセーブしましょう。

ここで言う「放置」とはコントローラーのボタンが何も押されていない状態です。

コントローラーのボタンが押されると、この時間はリセットされます。

ノベルゲームでautoにした場合でも「放置」と判定されます。

1分前に警告が表示される

強制終了の1分前に下記のような警告が表示されます。60秒のカウントダウンが始まり、0になると強制終了です。

警告は「まだプレイしていますか?しばらく操作されていません。このままゲームを続けるには、コントローラーを操作してください。」と表示されます。

このときにコントローラーを操作すれば強制終了は免れます。

PCでPSNowを遊んでいる場合、この警告が表示されるときに警告音が鳴るため、音で気づくことができます。

【回避】ダウンロード版なら強制終了しない

PS4で遊んでいてかつダウンロード可能なゲームをダウンロードして遊ぶ場合、10分放置しても強制終了になりません。

ダウンロードしたゲームで30分程度放置してみましたが変化はありませんでした。

通信回線の品質が悪いと強制終了

PSNowはサーバーと通信しながらプレイします。

そしてその通信回線の品質が悪い、つまり速度が遅かったり込み合ったりすると警告が出た後に強制終了します。

これは放置中ではなくプレイ中でも起きます。

経験的に金曜の夜などみんながゲームをする時間帯に起こることが多いです。

時間をずらすかダウンロード版で遊びましょう。

【まとめ】

PSNowを放置すると約10分で強制的にゲーム終了

1分前に警告表示→1分後 強制終了

放置したい場合→PS4にてダウンロードする(ダウンロード可能ゲームに限る)

以上、PSNowが強制終了される放置時間についてでした。

マンガで読める関連記事