ホーム(記事一覧)へ

SEO順位によるクリック率の違い【1位を目指すべき理由】

SEOで上位に表示された方がクリック率高そうなのはイメージつくけど実際何%くらいなんだろう?

と気になるあなたのために、計測しました。

当サイトで計測しているGoogleサーチコンソールの記録をもとにSEO順位別クリック率の発表です。

結論

1位が圧倒的にクリック率が高いです。

  • 1位:72%
  • 2位:41%
  • 3位:23%
  • 4位:20%
  • 5位:15%
  • 6位:12%
  • 7位:7.0%
  • 8位:5.3%
  • 9位:3.4%
  • 10位以下:計測不能

以下数字の根拠です。

前提条件

計測したサイト

当サイトはCSSやhtmlのテクニックなどを紹介するサイトです。

感想や意見などはあまり言いません。

よって疑問が解決すればそれでOKとなることが多いようです。

下記記録はそんなサイトのクリック率です。

計測条件

計測対象期間:2020年7月から3ヶ月間

順位ごとに10個のキーワードを抜き出しクリック率の平均値をその順位のクリック率としました。

10個のキーワードがない場合はその順位前後の数値まで引っ張ってきています。

クリック数が一定数あるものを抜粋しています。

サイトやキーワードの特性、計算方法によってクリック率は変わりますので、参考までに。

画像の見方

画像はgoogleサーチコンソールのキャプチャです。

左の文字はキーワード、次の青文字はクリック数、次の緑文字はクリック率、最後の黄色文字は順位です。

では行ってみましょう。

SEO順位によるクリック率

1位:72%

1位はなんと72%!

4人中3人は1番目をクリックしています。

逆にクリックしない人は何なんでしょうか!?

2位:41%

2位は41%!

この時点でもう半分以下です。

1位との差は歴然ですね。

1位になることの重要性がわかるかと思います。

3位:23%

3位は23%!

2位の41%の約半分になってしまっています。

一気に落ちましたね。

3位も十分上位かと思っていましたが、こんなにも差があるものなのですね。1位を目指しましょう。

4位:20%

4位は20%

このあたりになると前後の順位との差はほとんどなくなってきました。

逆に言えば3位も4位も大して変わらないということです。

5位:15%

5位は15%

クリック率が低いということはクリック数も低いということ。

思ったほどアクセスが見込めていません。

6位:12%

6位は12%

7位:7.0%

7位は7.0%

10%切りました。

このあたりからクリック数が少ない、あるいは0のキーワードが多く、計測が難しくなっています。

8位:5.3%

8位は5.3%

順調にクリック数が下がっています。

でも20回に1回クリックされていると思うと割とクリックされているほうでしょうか。

9位:3.4%

9位3.4%

もうかき集めている状態です。実際はクリック数0のワードも多いため、もっと下がるかもしれません。

当サイトのアクセス数があと10倍あれば、もっと正確な数値がわかったかもしれません。

10位:計測不能

10位は計測不能でした。

クリック数が一定数あるキーワードが10個もありませんでした。

また、「10位」と「10.1位」では1ページ目か2ページ目かの違いがあり、これにはクリック率が天と地ほどの違いがあるため混ぜることもできません。

ホントは10位と11位の違いもお見せしたかったのですが十分な数値がとれないため断念しました。

グラフで比較する

円グラフ

10位以下がないので正確ではないかもしれませんが、概ね上記のようになります。1位が大半を占めていることがわかるでしょう。

棒グラフ

1位が大半を占めていて2位で大きく下がります。

あとはゆるやかに下がっていきます。

まとめ

SEOにおいて順位とクリックの関係は1位が圧倒的です。

1位を目指しましょう!

  • 1位:72%
  • 2位:41%
  • 3位:23%
  • 4位:20%
  • 5位:15%
  • 6位:12%
  • 7位:7.0%
  • 8位:5.3%
  • 9位:3.4%
  • 10位以下:計測不能

関連記事