マンガでわかるホームページ作成

Webデザイナーってどんな仕事してるの?

私は地方の小都市でWebデザイナー兼フロントエンドエンジニアをしているものです。

これからWebデザイナーやフロントエンドエンジニア、あるいはWebサイト制作フリーランスになりたい、気になっているという方へ、本業Webデザイナー兼フロントエンドエンジニアの私が実際のところどんな働き方をしているのか紹介します。

※「会社による」という大前提で、そんな働き方もある、と参考程度に聞いてください。

以下で詳しく説明します。

Webデザイナーの主な仕事

  • サイト修正
  • Webデザイン
  • Webプログラムフロントコーディング
  • 営業

サイト修正

WebデザイナーはWebサイトを作るのがメインの仕事ではありますが、サイトを作ったからには更新もしないといけません。

1年を通してみたときこの仕事が最も多いでしょう。よって1番目に持ってきました。

Webデザイン

Webデザイナーの腕の見せ所です。
ただし、年間を通して見るとデザインを作成する回数はそんなに多くないです。
(※会社や開発メンバーによる)

Webプログラムフロントエンドコーディング

上記デザインを元にWebサイトをコーディングします。

また、Webプログラム開発もしている会社であればプログラムのフロントエンドコーディングもやります。フロントエンドとはユーザーに見える部分のことです。プログラムはその逆でユーザーに見えない部分です。

プログラマーは意外とCSSがわからないものです。
デザインを作った人がコーディングしたほうが手っ取り早いというのもあります。

営業

仕事がなければWebデザインもできません。完全に分業している会社もあるでしょうが、Webデザイナー自身が営業することも多いです。
特にフリーランスのかたなら営業から納品まで全部やることになるでしょう。

残業は基本的にない(あなた次第)

残業は基本的にないです。厳密に言うとプログラマーに比べるとないです。

バグが少ないから残業も必要ない

プログラマーが「プログラミング言語」を扱うのに対し、フロントエンドエンジニアは「マークアップ言語」(html)を扱います。

バグが発生する主な原因は、追加仕様による矛盾だったり、ユーザーが想定外の使い方をした、といったときです。バグが発生するとバグを直すために調査・検証を繰り返します。バグによっては情報が少なく特定が難しい=時間がかかる場合があります。

それに対し「マークアップ言語」(html)はプログラム言語ではないため、そもそも「想定外の使い方」というのがありません。

「プログラミング言語」は条件やデータによってさまざまな動きをします。一方「マークアップ言語」は印刷された本のようなものですので、ユーザーによって動くものではありません。

昔はブラウザ間対応が大変だったが今はいい時代。

昔々IE7,8,9,10というやっかいなブラウザがおったそうな。
こやつらは新しい技術が使えないくせにシェア率が高いという、まるで古い考えの凝り固まったワンマン社長のようなやつじゃった。

しかし、WindowsXP,7のサポートが終了したことでこれらのブラウザは危険視され誰にも相手されなくなり、ひっそりと息を引き取ったそうな。

めでたしめでたし。

昔はこういったブラウザ間対応のためにフロントエンドエンジニアは苦労し工夫したのですが、今はやっかいな古いブラウザが駆逐されブラウザ間対応もしやすくなりました。

なお、Webサイト作成でよく使われる「WordPress」は phpという「プログラミング言語」で作られています。が、自分でテーマを作ることがない限りはバグはまずありません。もしテーマやWordPressにバグがあってもあなたは直せないのでアップデートが出るのを待って最新版にするしかありません。

残業するかどうかはあなたの働き次第

これはWebデザイナーに限った話ではありませんが、残業するかどうかは結局はあなたの働き次第です。

昼間だらだら働いたり、ケツに火が付くまで仕事しなかったり、スケジュールを考慮せず仕事を請け負ったり、そんなことをすればだれでも残業せざるを得なくなります。

逆に言えば、昼間バババッと働き、仕事もささっと手を付け効率的に終わらせ、しっかりスケジュール管理をすると、残業せずにさっさと帰れます。

Webデザイナーは需要あり

まず、デザインできる人が希少です。(厳密に言うとデザインは才能ではなく勉強でどうにかなるのですが)

そしてWebサイトは会社・団体・企画の数だけあるので需要が大きいです。

プログラム制作でもデザイン作成とフロントエンドのコーディングが必要になります。

ということでWebデザイナー兼フロントエンドエンジニアは需要があります。

給料がその地域の平均に比べると高い(ことが多い)

どこよりも高いとは言いませんが、その地域の平均年収に比べると概ね高いでしょう。

「(ことが多い)」とつけたのは、まぁ、全部調べたわけではないからです。あなたの地域の平均年収とIT業界の年収を調べてみてください。

IT業界はまだまだ伸びていく業界ですので、きっと、ほぼ間違いなく年収高いでしょう。

まとめ

Webデザイナー兼フロントエンドエンジニアの仕事と特徴は以下の通りです。

Webデザイナーの主な仕事

  • サイト修正
  • Webデザイン
  • Webプログラムフロントコーディング
  • 営業

残業は基本的にない(あなた次第)

Webデザイナーは需要あり

給料がその地域の平均に比べると高い(ことが多い)

以上、Webデザイナーってどんな働き方してるの?への回答でした。

関連記事