ホーム(記事一覧)へ

Googleアドセンスはいくら稼げるの?【当サイトのデータを公開】

「Googleアドセンスで収益化するとどのくらい稼げるもんなの?」

そんなあなたの疑問にお答えしたいと思います。

こんにちは。テイクと言います。

ブログを2020年2月に始めました。

ご覧の通りGoogleアドセンス広告を掲載しています。

2020年12月は18,000PV、Googleアドセンス3,000円稼ぐことができました。

Googleアドセンスの収益について、いろいろ実験的にやってみて見えてきたことなどを当サイトのデータを公開しつつ、ご紹介したいと思います。

Googleアドセンスでいくら稼げる?

結論:5PVあたり1円

(当サイトの場合)

ということは1万円稼ぎたいなら5万PV必要です。

PVと収益の比率は広告数・位置・サイトのジャンルにもよります。

当サイトはホームページに関する情報を発信しています。

ユーザーはITリテラシーが高く、仕事中なので広告はあまり見ていないでしょう。

逆にITリテラシーが低い個人向けの内容であればもっと稼げるかもしれません。

3PVで1円稼ぐサイトもありますし、10PVで1円しか稼げないサイトもあります。

これはジャンルだけでなく広告の数や位置も関係してきます。

当サイトのデータ公開

こちらは当サイトのGoogleアドセンスのレポートです。

青線が収益赤線がPVです。

PVが多いほど収益が多いことがわかります。

しかしPVだけではなく、広告の位置と数も非常に重要になってきます。

Googleアドセンスの設置場所はどこがいい?

一般的には以下のように言われています。

  • 記事中(導入文・目次の後)
  • 記事サイド
  • 記事終わり

当サイトでも広告の位置や数を調整しながら結果を見てみました。

(これからも変えていくつもりです。)

設置場所と数の変遷

私のサイトに広告を掲載した変遷と結果についてお話しします。

1.「記事終わり」に一つだけ

「あまり広告だらけにしたくない」私の気持ちと「記事終わりが一番クリック率が高い」という情報から最初(4・5月)は記事終わりに1つだけ広告を置いていました。

先のデータの「推定収益額」から分かるように4・5月は全然稼げていません。さらに「アクティブビュー視認可能率」は30%台です。これは3人に1人にしか広告が表示されていないということです。

つまり最後までスクロールせずにサイトを離脱しているということです。

サイトの特性上、先に結論を書いています。

解決したら即出ていくのでしょう。

2.「記事中」に一つだけ

6月に「記事中(導入文・目次の後)」に一つだけ広告を掲載しました。「記事終わり」の広告は消しました。

すると「アクティブビュー視認可能率」(広告が見られる割合)が70%を超えました。「表示回数」も「ページビュー」と同じかそれ以上になっています。

3.「記事サイド」に追加

あるとき記事の横に大きな広告が載っているサイトと出会い、「これは気になってクリックしたくなるなぁ」と感心したのでマネました。

7・8月は表示回数が一気に上がったのですが、このころは「記事中(導入文・目次の後)」と「記事サイド」の2か所に広告を掲載しました。

4.記事終わりにも改めて追加

9月に「記事終わりが一番クリック率が高い」らしいことを思い出し「記事終わり」に広告を追加しました。1記事に全部で3つ広告を載せた状態です。

広告を増やした分9月は表示回数がさらに上がりました。

ただし、やはり見られていないことが多いせいか「アクティブビュー視認可能率」は60%台に下がっています。

それでも収益は大きく上がりました。

5.「記事中」と「記事終わり」の間に追加

12月に「h3」の上に広告を追加しました。

最初はあまり結果がよくなく削除も考えていましたが、1月になって「記事中」並みに稼ぐようになり「アリ」だと判断しました。

一方で「記事終わり」はあまり稼いでいません。

広告だらけの印象をなくすため&他の記事を読んでもらうためにいっそ外そうかと検討中です。

どこに載せた広告が収益高いのか

結論からいうと以下の順で稼げています。

  1. 右サイド(記事サイド)
  2. 記事中
  3. h2_3つ目(3つ目のh2上)
  4. 記事下

収益額・表示回数・インプレッション収益・アクティブビュー氏認可能率・クリック率のどれをとっても概ねこの順位です。

※参考までに当サイトの過去30日の広告ユニット別のデータです。
※期間が異なるためマンガの数値とは一致しません。

稼ぐ広告の条件は?

上記データの収益を見ると「右サイド」が一番稼いでいます。

表示回数をみると「右サイド」と「記事中」の差はほとんどありません。

「記事下」は収益だけでなく「アクティブビュー視認可能率」も低い状態です。

「3つ目のh2上」の広告は「記事中」と「記事下」の間くらいの結果です。

これからわかることはよく見られる記事が一番稼ぐということです。

よく見られる

広告表示回数が増える

クリック数が増える

収益が増える

ページの一番上の広告は?

では、必ず見られる「ページの一番上」に広告を貼るのはアリでしょうか?

結論から言うと「ナシ」でしょう。

ユーザーはページの一番上に自分の知りたい情報がないことを知っています。

ページを開くとすぐスクロールされるため、ページ上部の広告はほとんど見られません。

また、サイトの第一印象が「広告のサイト」もよくありません。即離脱されるとSEOにも悪影響が出かねません。

ユーザーは記事内容をじっくり読みます。

記事内容近辺に広告があるとそれも目に入る時間が長くなります。

クリックされる確率も高まり、結果的に収益も上がります。

まとめ

Googleアドセンスでいくら稼げるか

5PVで1円

サイトによるが概ね3~10PVで1円

Googleアドセンスで稼ぐには

サイトジャンル:ユーザビリティが低く、個人向け

PV:多いほどいい

広告位置:目に付く場所に設置

広告数:多いほどいいが、ユーザーの印象も大事にする

Googleアドセンスは実質PVに応じて収益化できるため、商品を売りにくいテーマのサイトだったり、初心者には収益化しやすいシステムといえるでしょう。

まずはPVを稼いでGoogleアドセンスをやってみましょう。

以上、Googleアドセンスはいくら稼げるの?でした。

関連記事