ホーム(記事一覧)へ

htmlの階層・パス【画像が表示されない・リンク切れのときに】

内部リンクなどファイルの場所を指定するとき、パスを指定することになります。パスを理解しないとリンク切れや画像が表示されないということになりかねません。

ホームページ初心者はこの階層・パスでつまづきやすいです。

パスの指定方法は「絶対パス」と「相対パス」の2種類あります。

絶対パス

URLの頭からすべて記載します。

例)

<a href="https://www.google.com/">google</a>

外部サイトへのリンクの際は必ずこの書き方になります。

もちろんサイト内リンクにも使えます。

メリット

  • 自分のファイルの場所が変わってもリンク切れしない

デメリット

  • ローカルで確認するとリンク切れする
  • ドメインが変わるとリンク切れする

相対パス

ファイル自身の位置を基準に対象のファイルの場所を記載します。

メリット

  • ローカルでも確認できる
  • ドメインが変わっても問題ない

デメリット

  • 自分のファイルの場所が変わるとすべてリンク切れする

さて、この相対パスの書き方がちょっと複雑です。

以下のパターンを覚えましょう。

同じフォルダ内

同じフォルダ内にある別ファイルの階層は以下になります。

例)index.htmlからlink.htmlへのパス

  • link.html
  • ./link.html

上記のどちらでもOKです。オススメは「link.html」の書き方です。
以降はこちらの書き方で説明していきます。

同じフォルダ内にあるフォルダの中

例1)index.htmlからlink.htmlへのパス

about/link.html

フォルダ名/(スラッシュ)ファイル名.(ドット)拡張子

というように記述します。

例2)link.htmlからindex.htmlへのパス

../index.html

この「../」というのは「一つ上の階層へ」という意味です。ドットが2つあるので注意です。

別のフォルダのフォルダの中

例)index.htmlからlink.htmlへのパス

../about/link.html

1回階層をあがり、そこにあるaboutフォルダ内のlink.htmlを指定します。

さらに深い階層の場合

例)index.htmlからlink.htmlへのパス

../../../about/about2/link.html

3回階層をあがり、そこにあるaboutフォルダ内のabout2フォルダ内のlink.htmlを指定します。

まとめ

絶対パス

URLの頭からすべて記載します。

相対パス

ファイル自身の位置を基準に対象のファイルの場所を記載します。

階層が上がる場合
../

フォルダを指定する場合
フォルダ名/

相対パスをしっかり覚えてリンク切れしないようにしましょう。

以上、階層・パスについてでした。

関連記事