マンガでわかるホームページ作成

WordPress(ワードプレス)とは

↓次のマンガはこちら

WordPress(ワードプレス)とは無料で使えるCMSソフトの一種です。

CMS(シーエムエス)とはコンテンツマネジメントシステムの略であり、インターネット環境とブラウザだけで簡単にホームページを更新できるシステムのことです。

 

当サイトもWordPressを利用しています。

サイトの多くはWordPress

WordPressがCMSの代名詞となりがちなのはその利用率の高さゆえです。

日本で利用されているCMSのうち80%強がWordPressだそうです。

 

参考)マイナビニュース

 

無料ゆえにみんなが使い、みんなが使うことで情報が共有され、さらにみんなが使う、という循環でWordPressがどんどん使われています。

WordPressのメリット

以下はWordPressのメリットであり、同時にWordPress人気の理由でもあります。

更新がラク!

WordPressをオススメする最大の理由が「更新がラク」だからです。

Word感覚で更新できるので、文章が打てれば更新ができます。

更新するだけならhtmlやCSSの知識もいりません。

※まれに必要な場合もあります。

無料!

有料CMSが多い中WordPressは無料で使うことができます。

テーマやプラグインの一部は有料版があることもありますが、有料のそれらを使わずとも完全無料で十分済むのです。

情報が豊富!

利用率が高いことで、情報も豊富にあります。

自分でしたいことを探すと多くの場合見つけることができます。

コピペで済んだり、プラグイン導入で解決することも多々あるためphpの知識がなくてもWordPressをカスタマイズができます。

 

私もphpの知識はほとんどないのですが、これまでたくさんのCMSサイトを作ってきましたし、このサイトでもコピペと調整である程度済ませています。

一瞬でホームページを作れる!

「テーマ」と呼ばれるサイトのテンプレデザインを適用させることでホームページが一瞬で完成します。

テーマは豊富にあり、自分が気に入ったものを見つけることができればホームページはもう完成です。

オリジナルデザインも可能!

上記でテーマが豊富にあると言っておいてなんですが、多くは汎用性のあるデザインであり、デザイン性が高く、あなたのしたいことができるテーマはまずありません。

ということで、テーマに気に入ったものがない、あるいはもともとサイトデザインを決めているという場合はWordPressを利用したオリジナルデザインのサイトも作れます。

というか、大部分のWordPressサイトはオリジナルデザインでしょう。

テーマを使ったWordPressサイトはあくまで導入とし、軌道に乗ったらオリジナルデザインのサイトになるでしょう。

 

オリジナルデザインのWordPressサイトを作るにはhtml・CSSの知識が必要です。

html・CSSを含めたホームページ作成の知識は当サイトにてマンガで解説していますので、合わせてご覧ください。

独自ドメイン

「無料ブログと比較して」のメリットですが、独自ドメインでサイト運営できます。

WordPressの注意点

セキュリティ対策が必要

WordPressはインターネット環境とブラウザがあればログインできますが、一方で第三者もログイン画面にアクセスできます。

万が一パスワードがばれ突破されるとサイトを改ざんされてしまいます。

パスワードがばれていなくてもWordPressやプラグイン・テーマの脆弱な部分から侵入されることもあります。

有効なセキュリティ対策

改ざんを防ぐために有効なセキュリティ対策の一部を紹介します。

パスワードを英数記号含め、10文字以上にする

パスワードを複雑にすることで「適当にパスワードを入力されてログインされる」という事態を防ぎます。

ネットではロボット(機械)が人間の代わりに攻撃しており、1秒間に何回もパスワードを入力することができます。

これではログインされるのも時間の問題です。

そこで英数記号含め、10文字以上にするということが有効になってきます。

この対策をすることで正解までにかかる時間が長くなるためロボットの攻撃に対しても有効になります。

なお、10文字ならOKというわけではなく、多ければ多いほど効果的です。

・こまめにアップデートする

パスワードによる突破以外にもシステムの脆弱性を突いた攻撃もあります。

これについてはアップデートするしかありません。

幸いWorPressはボタン一つで簡単にアップデートできます。

また「必要以上にプラグインをいれない」「無効にしているプラグインは削除する」といった対策も有効です。

・セキュリティ対策プラグインを使う

上記2つが基本ですが、それをさらに補強するためにセキュリティ対策プラグインを使うことも有効です。

オススメはSiteGuard WP Pluginです。

ログイン試行回数に制限をつけたり、日本語キャプチャをつけるなど有効なセキュリティ対策が複数あります。

オリジナルデザインにするにはhtml・CSSの知識が必要

テーマを使ってサイトを運営し、そろそろオリジナルデザインのサイトにしようと思っても簡単にはできません。

html・CSSの知識が必要です。

phpの知識も必要ですが、割とコピペで何とかなります。

全ページ全然違うデザインにしたい場合は不向き

サイトによっては1ページ1ページを凝ったデザインにしているものもあります。

この場合は1ページ1ページhtmlとCSSを駆使して作る必要があります。

 

CMS(WordPress)はhtml・CSSを使わずに同じテンプレートのページを作ることに特化しているため、全ページ違うデザインにしたいのならWordPressではなく静的htmlのサイトとして作った方がいいでしょう。

業者にお願いする場合静的htmlとWordPressの料金はそこまで変わらない

静的htmlはWordPressを使わない従来の作りのサイトです。

WordPressと比べて不便なのだから安くなりそうですよね?

 

しかし必ずしもそうはなりません。

 

私も仕事でホームページを作っていますが、静的系htmlサイトとWordPressのサイトの構築にかかる時間があまり変わらないことがわかっています。それどころか場合によってはWordPressで作成したほうが早い場合もあります。

htmlとCSSでサイト全体および記事のテンプレートを作るまでは同じ工程です。このあとWordPressの場合、インストールと各種設定・WordPressのテンプレート(テーマ)を作ることになります。

しかし慣れていればたいした時間のかかる作業ではありません。

 

その後記事を入れていきます。

WordPressは更新に強いため、記事が多いほどWordPressのほうが早く記事を作れます。

ということで最終的に同じくらいの時間で作成できてしまうのです。

WordPressはSEOに強いのか

SEOとはGoogleの検索上位に表示させる施策のことを言います。アクセスを集めるためには必須の施策です。

WordPressはSEOに強い!と謳うサイトが見受けられますが、それはYesであり、Noでもあります。

 

WordPressでは簡単にtitleやディスクリプションを設定できるでしょう。

また、WordPressは更新が簡単なため、たくさん更新すればSEOにも強くなるでしょう。

 

ただし、この2点は静的htmlサイトや他のCMSサイトでもできることであり、「WordPressだから」という理由とはなりません。

せいぜい「WordPressだとちょっとラク」という程度です。

WordPressであろうと、他のツールのサイトであろうと、SEOの知識を正しく身に付けて更新を行うことが大切です。

更新が多いサイトはWordPressがオススメ

記事が多く更新が多いサイトはWordPressがオススメです。

 

逆に言えば更新をほとんどしないサイトは無理にWordPressにする必要はありません。

上記でお話ししたように記事が多い場合はWordPressで作ったほうが早い場合がありますが、逆に記事が少ないなら静的htmlのサイトのほうは早い場合があります。

WordPressに必要なもの

WordPressにというよりサイト運営に必要なものですが、下記が必要です。

レンタルサーバー

レンタルサーバーはWordPressの動作要件を満たしているものを選択しましょう。

サーバーによってはWordPressを簡単にインストールできたり、契約した時点で既にインストールされているものもあります。

ただし、いくつか記事が入っていたり、テーマがサーバー独自のものだったり、よくわからない設定をしている場合もあります。

WordPressのインストールはそれほど難しくありませんので、自分でやるのも手です。

インストール方法は次回説明します。

ドメイン

サーバーを手に入れたらドメインも必要です。

取得方法などは下記記事を参考にしてください。

まとめ

WordPressとはインターネット環境とブラウザだけで簡単にホームページを更新できるシステムです。

どんどん更新するサイトを作るならWordPresを利用しましょう。

関連記事